食品のネット通販に必要な資格

資格がなければ活動できない

>

販売する商品によって異なる

営業許可を手に入れよう

必ず、食品衛生法に基づく営業許可を獲得してください。
自分で食品を作って販売する場合は、必要になる資格だと覚えておきましょう。
すでに、カフェなどの飲食店を行っている人が見られます。
カフェで販売しているスイーツを、ネットでも売りたいと考えるかもしれません。
飲食店を経営しているなら、飲食店営業許可証は持っていると思います。

しかしその資格だけでは、ネットで食品を売ることはできません。
食品衛生法に基づく営業許可がなければいけないので、持っていない人は保健所に行って入手してください。
ですが、食品衛生法に基づく営業許可が必要にならないケースもあります。
それは農産物や、仕入れたお菓子に手を加えないでそのまま販売する場合です。

責任者を用意する

さらに、食品衛生責任者の資格も必要なので覚えておきましょう。
食品衛生責任者は、食品を取り扱う際の衛生管理を行ったり、一緒に働くスタッフに衛生教育を行ったりします。
また実務講習会に参加して、安全に食品を扱うための勉強を行います。
こちらの資格も、ネットで食品を販売する時に欠かせません。
食品衛生法営業許可と、食品衛生責任者の2つの資格が最低でも必要です。

食品衛生責任者の資格を獲得できるのは調理師や製菓衛生師、栄養士の資格を持つ人と条件が決められています。
他にも条件があり、食品衛生管理者の資格条件に当てはまる人や、市町村や都道府県で開催されている食品衛生責任者資格者養成講習会に参加した人も認められています。


TOPへ戻る