食品のネット通販に必要な資格

資格がなければ活動できない

>

アルコールの販売をする時

資格を取得できる人

通信販売酒類小売業免許という資格があるので、それを取得してください。
取得できるのは、過去に酒類に関するトラブルを起こしていない人や、お店を経営するのに必要な資金や知識をきちんと持っている人と決められています。
また飲食に関するほとんどの資格は、保健所に申請して入手します。
しかし通信販売酒類小売業免許は、税務署に申請するので間違えないように気を付けてください。

またネットで販売できるのは、年間の販売量が3000キロリットル未満の蔵元が販売する酒類です。
その辺のお店で売られている大手メーカーの酒類は、許可を持っていても販売できない決まりになっています。
このような条件を必ず守りながら、ネット販売を行いましょう。

必要でないケースも存在

ネットやカタログなどを利用して、お客さんに酒類を売る時は必ず通信販売酒類小売業免許を持たなければいけません。
しかし1都道府県の消費者に限定して酒類を販売する場合や、海外のお客さんに向けてネットで販売する場合は、資格がなくてもできます。
ただし海外に向けて酒類を販売するなら、代わりに輸出酒類卸売業免許が必要になるかもしれないので取得する方法を調べてください。

さらに継続的に、酒類を販売しない場合も無資格で販売できると言われています。
例えばネットオークションで、いらなくなった酒類を販売する時などがこの条件に含まれます。
自分のやりたいことがどのような条件に含まれるのか考えて、適切な資格を入手してください。


TOPへ戻る